理系ブログ
Information
ホーム理系ブログ > 中受 算数の感覚

理系ブログ

中受 算数の感覚

中学受験の算数にⅹ、yは御法度(ごはっと)であります。よって一つ一つの問題に論理的(?)いや、ありとあらゆるアプローチで解いていかねばなりません。(何とかするのです。笑)よくぞ、こんな発想でと、はじめはあきれていましたが最近ではその面倒くささが快感に思えるときもあるアラ47です。
みなさんは(保護者の方々)次の数字・計算の感覚ってありますか?中受算数ではよくでてくる考え方です。

◎ 16で割って6あまる数について

16×整数+6・・・①
 ↑16の倍数

16×整数-10・・・②
 ↑16の倍数

①と②は同じこと
①を見て②が思いつくか?
* 具体的に①に数字を入れてみると、
16×1+6=22
  
16×2-□=22 この□を虫食い算で解くと□=10

具体的な数字で考えると
16×1+6=22
  
16×2-10=22

もどすと、16の倍数+6という計算式を見て16の倍数-10と同じだと瞬時に理解できる。その訓練が中受の算数には必要だということです。スゴイですね。 アラ47
2011年1月22日(土)

CONTENTS

ページ上部へ