理系ブログ
Information
ホーム理系ブログ > 何かが得なら、何かが損、トータルはトントン(2)

理系ブログ

何かが得なら、何かが損、トータルはトントン(2)

 こんにちは、つい先日誕生日をむかえました。ということでブログネームをこれからはアラフォーティセブンと改名いたします。ご了承ください。

 さて表題ですが、似た例は、意外と生物の分野でも多いように思います。脳は人間の場合、心臓の上にありますよね。だから人間の心臓(血圧)の負担は大きいのだそうです。よく健康法としてスポーツジムにプール、ありますよね。それは泳ぐ状態というのは心臓と脳が水平だから水泳は良いのだそうです。そう考えるとさらに心臓の負担が大きいのは・・・キリンですよね。キリンの血圧は人間の血圧の約3倍。首が長くて高くまで見わたせたり高いところの木の実などを食べられたりする代わりに心臓の負担は大きい(犠牲にしている)ということなのだそうです。

 他にも草食動物と肉食動物を比較すると、このテーマの題材はありそうですね。では次回はまた三進研の理科の先生にバトンを渡し、話を広げてもらいましょう。

            アラ47   2010年11月6日(土)

CONTENTS

ページ上部へ